防弾少年団 (BTS) – Spring Day 歌詞 日本語 Japanese Ver

Spring Day 歌詞

Spring Dayは叙情的で感性的な歌で、ブリティッシュロック(British Rock)とエレクトロニック・サウンドが結合されたオルタナティヴヒップホップジャンルの曲で防弾少年団の強烈なメロディーと迫力のあるダンス中心ではなく穏やかなメロディと感性的な演出を垣間見ることのできる歌です。

デビュー当初から防弾少年団<BTS>の歌は、注入式教育を批判する歌と社会的問題を批判する歌詞と強いビート、メロディで始めて現在は感性的な方向の歌に転換する感じもしますね。

防弾少年団がさらに成熟している感じであり、何より、歌詞とメロディーが、大変よくできていると思います。

防弾少年団 (BTS) – Spring Day

歌詞

会いたい
言葉にすると余計
会いたい
君の写真見るとね
会いたい でも時間がない
ただ過ぎていく
時の中自らを責めまた
遠くなる願い

まるで冬のようさ 夏でも吹雪くようさ
心を乗せた列車 すでに雪の中
いっそ君と地球の裏側へ 手を掴んでもう 逃げたい
どれだけ降れば 春の日が来るのだろう
Friend

この大空を舞う粉雪のよう
粉雪のよう
舞えるなら君へ
すぐ辿りつけるはずなのに

雪の花びら
舞い降り
消えていった
会いたい
会いたい

どれほど 想えば
凍える夜 数えれば
ねぇ、会えるの?
出会えるの?

冬の終わりを告げる
優しい春の日まで
花咲くまで
いて欲しいそのまま
そのまま

君が変わった?
じゃなきゃ僕が変わった
この流れる時に堪え
また変わるのだろうな
みんなそうだろう、なぁ?

そうさ君が 離れた今
ぶれることはなかった想いは
変わらないさ だけど今は別れよう
その方がもう苦しくないから

冷めた君がそう この吐息のよう この吐息のよう
積もる思い出はこんなにまだ残っているのに

雪の花びら
舞い降り
消えていった
会いたい
会いたい

どれほど 想えば
凍える夜 数えれば
ねぇ、会えるの?
出会えるの?

You know it all
You’re my best friend
また朝は来るのさ
どんな夜も どんな季節も
終わりは来るから

桜が花咲き
冬がもう終わるよ
会いたい
会いたい
ほんの少しだけ幾夜か数えたら
会いに行くよ
迎えに行くよ

冬の終わりを告げる
優しい春の日まで
花咲くまで
いて欲しいそのまま
そのまま

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。