【防弾少年団】 BTS love yourself 轉 tear 歌詞 和訳 収録曲 (日本語)

防弾少年団 BTS love yourself 轉 tear 歌詞

防弾少年団の3rdアルバム「LOVE YOURSELF轉‘Tear’」が5月18日18時に韓国で公開されました。これにより【防弾少年団】BTS 「LOVE YOURSELF 轉 Tear」アルバムの収録曲(全曲)の歌詞を日本語に翻訳してみました。

【防弾少年団】BTS LOVE YOURSELF轉 ‘Tear’ 感想

 

防弾少年団は、先週4月4日、日本の正規アルバム Face Yourself を発売しました。今回の韓国カムバックアルバムは、前作に比べてより多彩な音楽性を取り入れパワーアップチルロ帰ってきた。

特にスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)や、カミラ・カベロ(Camila Cabello)の「Havana」を手掛けた作曲家であるアリ・タンポジ(Ali Tamposi)のような、海外の実力派ミュージシャンたちが参加をしていることが印象的である。しかし、そのようなプロデューサーたちに依存してばかりいる訳ではない。

メンバー全員がアルバム制作に積極的に参加しプロデュースまでするなど、防弾少年団はもはやアイドルと呼んでいいのかわからないほど優れた実力派アーティストとして生まれ変わりました。

ある瞬間から、彼らは死ぬ気でやる覚悟を持っているように思えた。まるでこの世界でトップにならないと駄目だと思っているかのように。

防弾少年団 BTS love yourself 轉 tear 歌詞 和訳

@出典 : BTS official shop

以前とは比べ物にならないほど、音楽的な表現やパフォーマンスなどのレベルが上がったアイドルたちの中で防弾少年団の存在感が一際目立って見えるのは、決まったスタイルやコンセプトに一貫しているのではなく、一人一人の個性を生かしさまざまな音楽的な挑戦を恐れない姿勢が、そう感じさせているのではないだろうか。

今回のアルバムを携えて韓国でカムバックし音楽番組だけでなく、バラエティ番組のような番組でも彼らを見ることができたらと思う。彼らを初めて知ったきっかけが某バラエティ番組だったため、彼らのバラエティのセンスも十分知っている(本当におもしろくて上手)。実力もあり機転まで兼ね備えた彼らを、好きにならない方がおかしい。

今回のアルバム(LOVE YOURSELF 轉 Tear)のタイトル曲は「FAKE LOVE」である。

特に「Fake Love」のPVは、まるでひとつの芸術作品を見ているかのような映像の美しさが圧巻だ。中間で初披露するパフォーマンスの振付が非常に印象的である。今回のアルバムもきっとヒットするだろう。

【防弾少年団】 BTS love yourself 轉 tear 歌詞 和訳 収録曲

01. Intro : Singularity 歌詞 和訳

02. Fake Love 歌詞 和訳

03. 전하지 못한 진심 伝えられなかった本心 (Feat. Steve Aoki) 歌詞 和訳

04. 134340 歌詞 和訳

05. 낙원 楽園 歌詞 和訳

06. Love Maze 歌詞 和訳

07. Magic Shop 歌詞 和訳

08. Airplane pt.2 歌詞 和訳

09. Anpanman 歌詞 和訳

10. So What 歌詞 和訳

11. Outro : Tear 歌詞 和訳

【防弾少年団】 BTS love yourself 轉 tear Come Back

防弾少年団(BTS)は2018、ビルボード・ミュージック・アワード(2018 Billboard Music Awards)で日本標準時間5月21日月曜日9:00(am)~12:00(pm)に韓国正規3枚目のアルバムLOVE YOURSELFが韓国Tearのタイトル曲であるFake Loveでカムバックする。 (NBC、Mnet 生中継)

今回のアルバムを聞いてみるとBTSが、なぜ人気あるのか実感することができる。

タイトル曲だけでなく、収録曲の「伝えられなかった本心(Feat. Steve Aoki)」、「134340」、「楽園」、「Love Maze」、「Magic shop」、「Airplane pt.2」、「Anpnaman」、「So what」、「Intro:Singularity」、「Outro:Tear」全曲がチャートに入るなど、全曲がチャートの上位を占めてしまうというめったにない記録を樹立した。

防弾少年団の新曲が音源チャートの上位圏を独占してしまう驚くべき力を発揮した。

ビルボード上位圏に入り込むという偉業を成し遂げた経歴がある彼らにとって 、国内チャートの上位圏を占めるのは容易い事だ。防弾少年団の威力は本当に素晴らしく、今もARMYたち(防弾少年団のファンたち)は音源ストリーミングを回しながら、防弾少年団を応援することは明らかである。2018年も防弾少年団はさらに輝くだろう。

皆さんのBTSのlove yourself轉tearアルバムの感想が知りたいです。 リプルお願いします。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です