ブラックピンク【BLACKPINK] SQUARE UPアルバム全曲 歌詞・レビュー

ブラックピンク SQUARE UPアルバム全曲歌詞

ブラックピンク【BLACKPINK] SQUARE UPアルバム全曲 歌詞。次世代の韓流ブームを牽引するガールズグループのひとつであるブラックピンクが、カムバックしました。ブラックピンクはデビュー2年目にしてようやく初のアルバムを出すなど今までシングル曲ばかりをリリースし、K-POPシーンでは珍しくアルバム発売まで長い空白の期間がありました。しかし、そのような状況にも関わらず新曲を発売するたびに次々とヒットを記録し続けています。

全てのミュージックビデオが再生回数1億ビュー以上を記録し、2つのミュージックビデオが3億ビューを超えるなどものすごい威力を発揮しました。さらにYouTube以外のSNS上でも絶大な人気を博しています。活動量が他のグループに比べ少ないことを踏まえて考えると、この成果は本当に物凄いことです。このような記録を成し遂げられたのはそれほど音楽やミュージックビデオ、パフォーマンスなどのクオリティが高いということです。

特に以前K-POP市場で個性的な存在感を放っていた2NE1の突然の解散の中、どのガールズグループも彼女たちの代わりになれるようなクオリティのパフォーマンスを見せることはできませんでした。

そのような状況の中でYGエンターテインメントはあえて2NE1と差別化をすることなく2NE1の弱点だった部分の補強、受け入れられやすいアイドル的なビジュアル、2NE1のような強い女性のイメージというよりは華やかで高級感のあるイメージをコンセプトにし、アイドルとしてのブラックピンクの商品性をより高める新しい要素を加えました。

またそれだけではなく2NE1の成功理由であった高いクオリティの音楽や優れたパフォーマンス、そして高い歌唱力も同じようにキープしています。

このような方法でブラックピンクは爆発的な成功を収め、K-POP市場の期待の新人ガールズグループとして一目置かれるようになりました。彼女たちを見ていると量より質という言葉を実感するのですが、ある意味ブラックピンクの活動量の少なさは、他のK-POPのガールズグループや新たなガールズグループがいくら現れたとしても「YGのガールズグループ」としての地位は簡単に奪うことができない座だというYGの自信の表れでした。

少なくとも今回のアルバムは、そのようなYGの自信を十分に裏付けています。最近のガールズグループの間では珍しい強いコンセプトのヒップホップサウンドですが、そこまで強いヒップホップという感じではありません。

ブラックピンク SQUARE UPアルバム全曲

ブラックピンク【BLACKPINK] SQUARE UPアルバム 全曲 歌詞

  1. ブラックピンク[BLACKPINK] DDU-DU DDU-DU パート別歌詞 和訳
  2. ブラックピンク[BLACKPINK] Forever Young パート別歌詞 和訳
  3. ブラックピンク[BLACKPINK] Reallyパート別歌詞 和訳
  4. ブラックピンク[BLACKPINK] See U Later パート別歌詞 和訳

ブラックピンク【BLACKPINK] SQUARE UPレビュー

今回のアルバムは、アルバムというには曲数も少なく各トラック間に繋がりがあるというより、トラックそれぞれに違う個性があるシングルに近い感じがします。そしてアルバムとしてはストーリー性が弱くトラック数も少ないため、1年ぶりに出した作品としては残念な気がします。ただ、今回のサウンドの完成度は、リリースするまでの長かった空白の期間を完璧に納得させるまではいきませんが、高い完成度となっています。

特にミュージックビデオは完璧に近い完成度だと思います。

まるで人形のようなビジュアルのメンバーたちに、一歩間違えたら少しダサく感じてしまう目が痛くなるような蛍光色に近いピンク系カラーが多く使用されており、場面転換の多さにも関わらず全く邪魔に感じません。むしろ各場面が自然に繋がっているだけでなく洗練されていて精巧な演出で、高級感漂う色合いを出しています。

個人的には目が痛くなるような強烈な色と場面がジョセフ・カーンを連想させたりもします。現在、公開してから9時間程度なのに再生回数1300万ビューを記録しています。

総合してみると、今回のブラックピンクの初アルバム「SQUARE UP」はYGのもどかしくなるような作業量は相変わらずですが、それでもK-POPにまた違うブームを巻き起こすブラックピンクの成長を見せつけるには十分なアルバムではないかと思います。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です