プロデュース48(Produce48) チャンウォニョン プロフィール 年齢や国籍、注目される理由

チャンウォニョン

プロデュース48 [Produce48]の ” チャンウォニョン “の年齢に人々の関心が大きく集まりました。グループバトルでノムノムノム(Very Very Very)の1組のセンターとなりトレーナーのペ・ユンジョンから高く評価されただけではなく、ネチズンから肯定的な口コミを得ました。

特に、チャンウォニョンの年齢がとても若いという点が注目されています。10代半ばという年齢に比べ音楽的な才能に溢れているからです。また、チャン・ウォニョンの国籍に注目する人々もいます。今回のプロデュース48は外国人の出演者が非常に多かったため、どこの国籍かどうか注目して見る人々がいるようです。

プロデュース48 チャンウォニョン

[写真=チャン・ウォニョン(C)Mnetプロデュース48 国プの庭園(国民プロデューサーのガーデン)公式ホームページ プロフィール写真(produce48.kr)]

プロデュース48 チャンウォニョン 注目される理由

プロデュース48の序盤の方では日本の国民的アイドルであるAKB48のメンバーたちが、大きな注目を集めました。AKB48が過去10年以上日本で高い人気を獲得しているだけでなく、プロデュース48の1話の放送の翌日には名古屋でAKB48の53rdのシングルの世界選抜総選挙が行われました。

その選挙で松井珠理奈(SKE48・チームS)が1位、宮脇咲良(HKT48・チームKIV)が3位に選ばれる姿を見ることができました。元々韓国でAKB48の認知度がある程度あったためか、松井珠理奈や宮脇咲良への人々の関心が、プロデュース48が放送してすぐの時に多くの注目を集めました。

プロデュース48の第1話~第3話を見ると、日本人の出演者に比重が置かれている傾向がありました。

ところが7/6放送のプロデュース48の第4話で韓国の芸能事務所である「スターシップ(STARSHIP)」所属の練習生であるチャン・ウォニョンの大活躍が多くの人々の視線を集めました。チャン・ウォニョンがセンターとして目立つ姿が、ペ・ユンジョンを満足させただけではなく、ネチズンたちからの称賛の声を浴びました。

プロデュース48の第4話の放送後、チャン・ウォニョンに対するネチズンたちの好意的な意見を見ると、この日の放送の主人公はチャン・ウォニョンだと感じました。いくつかのチームでセンターの実力不足が目立つ場合があったのと違い、ノムノムノム(Very Very Very)の1組のセンターであるチャン・ウォニョンの存在感は素晴らしいものでした。

プロデュース48のチャン・ウォニョンにセンターとしての資質があるということを知ることができました。

プロデュース48の目的は、12人組の日韓合作ガールズグループの結成です。12名の中からセンターを務める人物が一体誰なのか楽しみです。韓国人はアイドルに対しダンスや歌の実力を求めているので、プロデュース48のセンターは実力がないといけません。

チャン・ウォニョンは韓国人の期待を満足させることができる可能性が高い人物であることが、プロデュース48の第4話でわかりました。さらにチャン・ウォニョンの順位は1~3週目それぞれ3位、4位、4位と上位圏を守ってきました。潜在的に1位となる可能性がある人物であることは明らかです。

IZONE チャンウォニョン

さらに驚くことはプロデュース48のチャン・ウォニョンの年齢が非常に若いという点です。2004年生まれで韓国式(数え年)での年齢は15歳です。その年齢でアイドルサバイバル番組に出演し自分より年上の韓国や日本の練習生たちと競争し、優れたすぐ姿を見せることはすごいことです。

チャン・ウォニョンの年齢は中学生の年齢であるにも関わらず、プロデュース48で素晴らしい活躍を繰り広げる姿に多くの人々が感嘆しています。万が一彼女がデビューすることになったら、今後10代のアイドルがKPOPの舞台で絶えず登場するのではないかと思います。プロデュース48のチャン・ウォニョンの年齢がたとえ若くても多くの人々の人気を得ているため、今後歌謡界で自身の価値を高めることが期待できます。

style type=”text/css”> .ban_plug { width: 336px; height: 280px; } @media (min-width:500px) { .ban_plug { width: 336x; height: 280px; } }

おそらく韓国や日本で2000年代以降に生まれたガールズグループのメンバーの中で、一番大活躍を繰り広げているアイドルを挙げるなら日本で人気のガールズグループである欅坂46のセンター、平手友梨奈だと思います。

彼女は2001年6月25日生まれで当時14歳だった2016年2月にデビューしました。欅坂46のメンバーの中では年齢が一番若いにも関わらず、センターを務めるほど優れた存在感を見せつけました。JPOPに興味のある人であれば、平手友梨奈が誰なのかよくご存じだと思います。

今では韓国でも平手友梨奈のような10代半ばのガールズグループで多くの人気を集めるアイドルが、出てくる可能性があるのではないかと思います。プロデュース48のチャン・ウォニョンの年齢も10代半ばなので。

チャン・ウォニョンの国籍に注目する人々もいます。5月にプロデュース48の公式ホームページで96名の練習生たちのリストが公開された時、チャン・ウォニョンの名前の英語表記が’CHANG YUAN YING’となっていた時がありました。これがネチズンたちに知られチャン・ウォニョンの国籍について注目が集まったのですが、すぐにプロデュース48の公式ホームページでチャン・ウォニョンの名前の英語表記が韓国式の表記である’JANG WON YOUNG’に変更されました。

英語表記の名前が変わった理由が何だったのかはまだわかりません。チャン・ウォニョンの国籍はともあれ、幼い年齢ながらも音楽的な実力と美しい姿を兼ね備え韓国人たちの視線を掴んだことに、拍手を受けて当然だと思います。そして韓国でもチャン・ウォニョンのように幼い年齢で実力がずば抜けていて自分だけの魅力にあふれている練習生は、必ずデビューしなければいけないと思います。国籍は関係ないということです。

[写真= Mnetプロデュース48 公式ツイッターではノムノムノム(Very Very Very)[原曲:I.O.I]の1組のグループバトル関連の記事を上げました。1組ではチャン・ウォニョン、チェ・イェナ、ナ・ゴウン、白間美瑠、本田仁美、アン・ユジンがチームとなりました。総投票数で1組が440票、2組が356票獲得し1組が勝利しました。1組のセンターチャン・ウォニョンは90票を獲得しましたが、むしろプロデュース48の第4話を見たネチズンから好評を得ました。(C)Mnetプロデュース48公式ツイッター] チャンウォニョン 年

プロデュース48のチャン・ウォニョンの年齢は10代半ばで幼いです。今まで韓国の数多くのアイドルがデビューしましたがその年齢層は大体10代後半~20代半ばで、たまに20代後半のアイドルがデビューすることもあります。もしチャン・ウォニョンがプロデュース48でデビューすることになったら、これから多くの時間韓国で熱い人気を集めそうな予感がします。プロデュース48の1~3週目の順位が上位圏をずっと守っているという点で、現在の時点ではデビューする可能性高いと思います。

さらに意味のあることはプロデュース48の第4話以降、ネチズンたちの好評を得ているという点です。チャン・ウォニョンがセンターにふさわしい人物であるということが知られました。センターが多くの人々の注目を集めるポジションだという点で、チャン・ウォニョンの価値が大きくなるのではないかと思います。チャン・ウォニョンがプロデュース48に出演したことは、正しかったと思います。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です