【防弾少年団】 BTS – 134340 歌詞 和訳 (日本語)

防弾少年団 BTS 134340 歌詞 和訳

防弾少年団(BTS)の3番目の正規アルバムlove yourself轉tearの4番トラック134340は感覚的で洗練されたビートが特徴。自然と口ずさむなるメロディーも目立つ。

長時間繰り返して聞いても飽きないような曲だ。

ハウスのリズムと90年代のヒップホップスタイルを加味したヒップホップ曲でメロディとサウンドが引き立った曲だ。

音楽が消費される最近のようなデジタル時代に、このような8、90年代のアナログ的な感性を加えて時代の垂直的スペクトルを加味した試みをした。

【防弾少年団】 BTS – 134340

防弾少年団 BTS 134340 歌詞

出典:@防弾少年団Fake Love Youtube

作詞 : Pdogg、ADORA、チョンパビ、RM、Martin Luke Brown、Orla Gartland、シュガー、j-hope

作曲 : Pdogg、ADORA、チョンパビ、RM、Martin Luke Brown、Orla Gartland、シュガー、j-hope

全曲歌詞

【防弾少年団】 BTS – 134340 歌詞 和訳

그럴 수만 있다면 물어보고 싶었어

できることなら聞きたかった

그때 왜 그랬는지 왜 날 내쫓았는지

あの時どうしてああだったのか、どうして僕を追い出したのか

어떤 이름도 없이 여전히 널 맴도네

名前もなく相変わらず君の周りを回る

작별이 무색해 그 변함없는 색채

別れは色がない 変わることのない色彩

나에겐 이름이 없구나

僕には名前がないんだね

나도 너의 별이었는데

僕も君の星だったのに

넌 빛이라서 좋겠다

君は光だからいいよな

난 그런 널 받을 뿐인데

僕はそんな君を浴びるだけなのに

무너진 왕성에

崩れた王の城に

남은 명이 뭔 의미가 있어

残った命に何の意味があるの

죽을 때까지 받겠지

死ぬまで浴びるんだろう

니 무더운 시선

君の蒸し暑い視線を

아직 난 널 돌고 변한 건 없지만

まだ僕は君の周りを回っていて 変わりはないけど

사랑에 이름이 없다면

愛に名前がないのなら

모든 게 변한 거야

全てが変わったんだ

넌 정말로 Eris를 찾아낸 걸까

君は本当にErisを見つけ出したんだろうか

말해 내가 저 달보다 못한 게 뭐야?

教えてくれ 僕があの月より劣っているのは何なんだ?

us는 u의 복수형일 뿐

usはuの複数形に過ぎない

어쩌면 거기 처음부터 난 없었던 거야

もしかしたら最初から僕はいなかったんだ

언젠가 너도 이 말을 이해하겠지

いつか君もこの言葉の意味がわかるだろう

나의 계절은 언제나 너였어

僕の季節はいつだって君だった

내 차가운 심장은 영하 248도

僕の冷たい心臓はマイナス248度

니가 날 지운 그 날 멈췄어

君が僕を消したあの日に止まったんだ

Damn

난 맴돌고만 있어 (난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕はぐるぐる回ってばかりいる(僕は君を逃した 僕は君を失った)

난 헛돌고만 있어 (넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

僕は空回りばかりしている(君は僕を消した 君は僕を忘れた)

한때는 태양의 세계에 속했던 (노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

一時は太陽の世界に属していた(歌は止まった 歌は鳴り止んだ)

별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐 (넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

星の心臓にはどんよりとした霧の層だけ(君は僕を消した 君は僕を忘れた)

어제와는 그리 다를 건 없네 ay

昨日と特に変わったことはないねay

똑같은 일상 속에 딱 너만 없네 ay

同じ日常の中にただ君だけいないay

분명 어제까지는 함께였는데 ay

確かに昨日までは一緒にいたのにay

무서울 정도로 똑같은 하루 속엔 딱 너만 없네

恐いほど何も変わらない一日の中に君だけがいない

솔직히 말해 니가 없던 일년쯤

正直に言うよ 君がいなかった1年ほど

덤덤했지 흔히 말하는 미련도

なんてことなかった よく言う未練さえ

없던 지난 날 이젠 깜빡

なかった 過ぎた日々をもう忘れて

니 향기 따윈 기억도 안나 잠깐

君の香りなんて思い出せもしない 少しも

근데 어디선가 맡아봤던 향순데 ay

でもどこかで嗅いだことのある香水だけどay

기억이 어렴풋이 피어날 즘에 ay

記憶がぼんやりと蘇る頃にay

저기 저기 고개를 돌려보니

あちこち見渡してみると

환하게 웃으며 다가오는 니 옆엔 그…

明るく笑いながら近づいてくる君の隣には彼・・・

(안녕?) 안녕

(久しぶり?)久しぶり

어떻게 지내? 나는 뭐 잘 지내

元気だった?僕はまぁ元気だったよ

왠지 터질듯한 내 심장과는 달리

なぜか張り裂けそうな僕の心臓とは違って

이 순간 온도는 영하 248

この瞬間の温度はマイナス248度

난 맴돌고만 있어 (난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕はぐるぐる回ってばかりいる(僕は君を逃した 僕は君を失った)

난 헛돌고만 있어(넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

僕は空回りばかりしている(君は僕を消した 君は僕を忘れた)

한때는 태양의 세계에 속했던 (노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

一時は太陽の世界に属していた(歌は止まった 歌は鳴り止んだ)

별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐 (넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

星の心臓にはどんよりとした霧の層だけ(君は僕を消した 君は僕を忘れた)

난 맴돌고만 있어

僕はぐるぐる回ってばかりいる

(안개 너머의 여전히 미소 띤 널 지켜보지 의미도, 너도, 다 없는 불규칙 내 궤도의 현실)

(霧の向こうの変わらずに微笑む君を見守るよ意味も、君も、全てない不規則な僕の起動の現実)

난 헛돌고만 있어

僕は空回りばかりしている

(너에겐 기억하기 힘든 숫자와 어둠의 pluto 그래도 계속 난 너의 주위를 맴돌겠지 damn)

(君には覚えづらい数字と闇のpluto それでもずっと僕は君の周りを回るだろうdamn)

난 맴돌고만 있어 (난 널 놓쳤어 난 널 잃었어)

僕はぐるぐる回ってばかりいる(僕は君を逃した 僕は君を失った)

난 헛돌고만 있어 (넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

僕は空回りばかりしている (君は僕を消した 君は僕を忘れた)

한때는 태양의 세계에 속했던 (노랜 멈췄어 노랜 멎었어)

一時は太陽の世界に属していた (歌は止まった 歌は鳴り止んだ)

별의 심장엔 텁텁한 안개층뿐 (넌 날 지웠어 넌 날 잊었어)

星の心臓にはどんよりとした霧の層だけ (君は僕を消した 君は僕を忘れた)

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です